意識高い系大学生・就活生あるある:勘違い大学生が思いがちなこと

意識高い系大学生・就活生あるある:勘違い大学生が思いがちなこと

「意識高い系」という言葉をご存知でしょうか?

 

大学生になるとよく聞くようになりますが、具体的にどういう人のことを言うのかイメージできますか?

 

私は大学でいろんなタイプの学生に出会ってきましたが、その中でもタチが悪い意識高い系の大学生。

 

そんな彼らのよくある生態・思考をまとめて見ました。

 

意識高い系って何?

 

そもそも意識高い系って何?と言う話になりますが、

 

私の定義はいくつかあり、「人を見下すことで自分を上げる」、「自分に合っていないスケールの話をする」、「理想が先行し行動がついて行ってない」などなど…

 

なかなか一言で定義するのって難しいですよね。苦笑

 

なので、記事を読んでいく中でぼんやりと私の「意識高い系」の人物像をイメージしていただくと幸いです。

 

就活したら負けの風潮を作る

 

起業を志し、就活をしようとする学生を見下したり馬鹿にしたりする学生がいます。

 

会社に縛られた人生は嫌だ!と、

 

スキルもないのに起業をすると言い出します。

 

起業は自己実現するための手段でしかないはずなのに、いつしか起業をすること自体が目的となり、

 

「ぼくちゃん起業する!!」と宣言するも大体すぐに挫折します。

 

大手に入ったら負けの風潮を作る

 

就活になると出てくる、「盲目に大手に入るやつは負け」という雰囲気を出してくるやつ。

 

自分がベンチャーに入るのは勝手ですが、大手を志す人を見下したりする奴がいます。

 

何か明確な目標が合ってベンチャーやスタートアップに入社する人は良いですが、

 

「みんなが行くところは嫌」という動機からベンチャーに行くそれっぽい理由を作り出す人がいるのも事実。

 

そういう人を私は死ぬほど嫌いです。

 

内定先を「弊社」と呼びだす

 

別に誰にも迷惑をかけているわけではないので別にいいんですけど、

 

単純にうざい。笑

 

なまじっかネームバリューのある会社に入ることができた人で良く見かけるのですが、

 

まだ入社式も始まってないのに「弊社」っていうな。

 

はぁーって感じです。

 

夢がやたらとでかい

 

自分の理想や夢に「世界平和」とか、

 

どう考えても個人で達成できないことを掲げる奴。

 

そういうやつはマジでイライラします。

 

しっかりと深掘りされた目標ならいいのですが、大体はペラッペラです。

 

意識高い系大学生にはならないように気をつけよう

 

ここまで上げて見ましたが、

 

なんでこんなに書けるかというと、

 

自分がちょっとこんな感じの思考を持っていたからです。笑

 

なのでこの人たちの気持ちはまぁまぁわかってしまうわけですが、

 

意識高い系というのは厨二病のようなもので、そのフェーズを過ぎると黒歴史になります。

 

なので、後から振り返って恥ずかしい過去を作らないように、意識高い系にはならないように気をつけましょう!